PS ENGINEERING AEROCOM III 2-PLACE PORTABLE インターコム

¥70,000

表示価格には、通関手数料、関税、送料が含まれています。
クリアなコックピットコミュニケーションはAerocom®IIIとのカジュアルな会話と同じくらい簡単です。これ以上ノブをいじる必要はありません。

商品コード: PSE1003 商品カテゴリー:

説明

クリアなコックピットコミュニケーションはAerocom®IIIとのカジュアルな会話と同じくらい簡単です。これ以上ノブをいじる必要はありません。

Aerocom IIIは、完全自動VOXスケルチであるIntelliVox®との唯一のポータブルインターホンです。最先端のPMA7000MSオーディオパネルで使用されているのと同じインターコムVOXスケルチ。

切り取られた単語はもうありません。スケルチプロセッサは常に各マイクを監視し、周囲の雑音のしきい値を調整しているため、電力設定を変更するときにインターコムに手を伸ばす必要はありません。

ヘッドセットの交換やマッチングが不要になりました。各マイクは独立して扱われるため、航空用ヘッドセットをどのように組み合わせてもAerocom®IIIで動作します。 9ボルト電池か航空機力はこの2場所の通話装置に動力を与えることができます。

1本の9ボルト電池で10時間の使用が可能です。バッテリーの寿命が近づくと、ヘッドセットで静かにビープ音が鳴って、交換時期であることをユーザーに知らせます。

IntelliVox®は、Aerocom®IIIを非常に優れたものにします。マイクロプロセッサの電子機器のパワーを利用することによって、各マイクロホンはスピーチと客室騒音の間の差を計算することができます。誰かが話すとすぐに開きます。各マイクには独自のプロセッサ回路があるため、音声入力されたマイクだけがアクティブになります。これにより、不要なバックグラウンドノイズがオーディオシステムに入るのを防ぎます。

外部のプッシュトークボタン(含まれていない)を使用することによって、パイロットと副操縦士の位置の両方が航空機のラジオを介して送信する能力を持ちます。プッシュボタンを押す人だけが聞こえます。

Aerocom®IIIは、オプションのミュージックケーブルを介してステレオミュージックをヘッドセットにルーティングします。インターコムの活動または無線トラフィックがあると、音楽は自動的にミュートになります。

Aerocom®IIIは、Aerocom®EX拡張ユニットを使って4か所まで拡張できます。これは別々の音楽入力を含みます、それはそれ自身のIntelliVox®、プロセッサと独立したボリュームコントロールです。

トップマウントスイッチによって制御される2つのモードがあります。 「ALL」モードでは、両方のポジションが無線通信、音楽を聞き、インターコム機能を持ちます。 「ISO」モードでは、インターコムや音楽の邪魔をすることなく、パイロット側だけが航空機のラジオに接続されます。副操縦士の位置には、設置されていれば、Aerocom®EXとの音楽およびインターコム通信が継続されます。

仕様:

サイズ:4.375 “L×3.250” W×1.500 “h
重量:10オンス。
電源:9ボルト電池または12/24 V航空機電源
バッテリー寿命:約10時間
ヘッドフォン出力:チャンネルあたり40 mW、150Ω、<1%THD±3 dB
マイク周波数範囲:350 Hz〜4500(ノイズ低減用)±3 dB
音楽の周波数範囲:180 Hzから15,000 Hz

レビュー

レビューはまだありません。

“PS ENGINEERING AEROCOM III 2-PLACE PORTABLE インターコム” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です