やっぱり飛行機 アーカイブ - 航空用品専門店 FLYING GIFT SHOP航空用品専門店 FLYING GIFT SHOP

やっぱり飛行機 アーカイブ - 航空用品専門店 FLYING GIFT SHOP

計器飛行ロング・クロスカントリー3

外界が全く見えないまま(外をフードの隙間からチラ見することも出来ますがそれでは訓練の意味がありませんので)、フード内の計器に目を配りディレクショナルジャイロ(定針儀)で一定方向への飛行を維持しつつ、上昇率も500f/分にあわせて上空へ駆け上がります。

その状態を維持しつつ、ベイ・デパーチャーとコンタクトをするのですが、実はこれが至難の業。
というのもデパーチャー・サイトは他のエアラインとの交信で割り込む隙を見つけるのには、各出発機の動向を把握していないと、『今だ!』とマイクのスイッチを押せないのです。

そんな中、隙間を見つけて『Bay departure, Cessna 9568G 1,500 climbing with you』と送信。するとデパーチャーの管制官から『68G radar contact, Heading 010 climb to 3,000』と返答。

リードバックをして指示された方位10度の方向へ機を向け、高度3,000フィートへ上昇を続けます。もちろんこの時も外界が見えないようにフードを被っていますので、計器を頼りに飛んでいます。というか、計器しか頼るものがありません。

離陸と同時にスイッチを押したストップウォッチに目をやると15分経過。
針路から想像するにオークランド空港の上空辺りのはずです、しかし外界は見えませんので軽くチャート(航空地図)に目をやり確認します。

するとデパーチャー管制から『68G (シックス・エイト・ゴルフ) Fly Heading 320 clibm and maintain 5,000』と指示されます。
針路を320度の方向へ向け上昇を続けます。

上昇が終わった後はフライトプラン通り、多分ユージン空港の周辺まで一直線のルートです。

(エンルート飛行中は他機の位置情報が入る位のフライトですので途中省略します)

計器飛行ロング・クロスカントリー 1
計器飛行ロング・クロスカントリー2

[amazonjs asin=”B075ZC86RJ” locale=”JP” title=”ズー フライトシミュレータ Xプレイン11 […]

計器飛行ロング・クロスカントリー2

1日に10時間近く飛ぶことを、しかもフード(外界との視界を遮る目隠しみたいな物)を被って計器飛行で飛ぶことを最初は軽く考えていました。

考えていたことは『やり抜くこと』だけ。

今思えば無茶な話です。有視界飛行で2時間飛べばそれなりに疲れますから。

いよいよ当日の朝を迎えました。離陸は朝7:30と決めました、順調に行けば第1番目の目標地点のユージーンまで4時間、アルタネート(天候不順や不意の事態に備えて降りる代替空港)はルート上に沢山あります。ロングレンジのセスナ172なので余裕で6時間は飛べます。

朝6時に空港へ行きFSS(フライトサービスステーション)へ電話し、エンルートの天候を1000Feet毎に確認、メモを取ります。多少の向かい風で快晴、アクチュアルなIFR飛行にはならないようです。

一通りの手順を終えて教官と、同乗者(帰路をこの同乗者2人で分けて飛びます)をまちます。

教官とのブリーフィングを終え、フライトバッグ、水筒、軽いスナックを持って機に乗り込みます。

7:35 エンジンスタート。ほぼ予定通りです。管制塔からIFRの許可はランナップエリアで貰うことにしてタクシング中に各計器のチェックを行います。

ランナップエリアでクリアランス・コピーの準備が出来たと管制塔にコンタクト。朝の出勤時間なのでベイエリアはエアライナーの離発着で混雑している時間帯。クリアランスも結構あちらコチラへと振られる内容でした。

クリアランスをリードバック、タワーから『Read back is correct, advice when you ready』と返信。
『We are ready now』と返すとすぐに『Clear for Take Off Runway 26 Right,』

と返ってきました。
『Clear for Take Off Runway 26 Right』と返し機を滑走路にアラインさせ、エンジンを吹かし操縦桿を引こうとした時、隣の教官が僕のフードをおもむろに下げました。

もう外は見えません。そのまま操縦桿を引き機を浮かせます。上昇後500Feetに達するとタワーから『Contact Bay Departure, Good Luck!』管制官も僕がシアトルに向かうのをファイルしたプランで知っているからです。

つづく

計器飛行ロング・クロスカントリー 1
計器飛行ロング・クロスカントリー3

[amazonjs asin=”B005N61QHM” locale=”JP” title=”SCE公式ライセンス商品 フライトスティック3 […]

計器飛行ロング・クロスカントリー

12:49 AM
|
3 Comments
|

アメリカでの計器飛行の訓練の時のお話しです。

その頃の僕には同じ計器飛行の訓練生で訓練進度もほぼ同じの6つ年下の仲の良い友人がいました。
前述のマドンナのコンサートを上空から見学に行ったのもこの友人とです。

計器飛行の訓練も終盤、学科の試験も終えいよいよ計器飛行のロング・クロスカントリーの時期が近づいていたころ、彼はサンノゼからサンディエゴへ向かうと宣言しました。直線距離で450マイルもあります。

 

我々が訓練を受けていた学校の計器飛行での最長不倒を狙うというのです。
どのルートを選択してサンディエゴへ向かったのかは忘れてしまいましたが、彼は見事に最長不倒記録を打ち立てました。

私の心に火が付きました。『よし、彼が南へ向かったのなら、俺は北へ行く、そして彼の記録を抜いてやる』。

行き先はシアトルに決めました。片道直線ルートでも800マイルあります。訓練しているセスナではもちろんワンレグで到着することは出来ませんので、何度か着陸して給油をしなければなりません。

ルートはサンノゼ・リード・ヒル・ビュー空港離陸 →オレゴン州ユージーン空港→モーゼスレイク空港→シアトル空港とプランしました。総飛行時間は9.7時間 実に一日で10時間近く飛ぶことになりますが、後には引けません。

つづく

計器飛行ロング・クロスカントリー2

[amazonjs asin=”B003WKB810″ locale=”JP” title=”Bose 航空用ヘッドセット AVIATION A-20-GAプラグ(Bluetooth […]

フライトシム寄り? 実践経験寄り?

晴れた日、水平直線飛行中の基本視線は外です 計器は偶に覗く程度 私は 実践経験寄りで有りたいとイメージトレーニングにフライトシムを使います 使用している動画では 最重要唯一の計器と説明してますが 速度計の方が重要です。

 

&nbsp […]