計器飛行ロング・クロスカントリー

5.03.2015
|
3 Comments
|

アメリカでの計器飛行の訓練の時のお話しです。

その頃の僕には同じ計器飛行の訓練生で訓練進度もほぼ同じの6つ年下の仲の良い友人がいました。
前述のマドンナのコンサートを上空から見学に行ったのもこの友人とです。

計器飛行の訓練も終盤、学科の試験も終えいよいよ計器飛行のロング・クロスカントリーの時期が近づいていたころ、彼はサンノゼからサンディエゴへ向かうと宣言しました。直線距離で450マイルもあります。

api atc_chart

我々が訓練を受けていた学校の計器飛行での最長不倒を狙うというのです。
どのルートを選択してサンディエゴへ向かったのかは忘れてしまいましたが、彼は見事に最長不倒記録を打ち立てました。

私の心に火が付きました。『よし、彼が南へ向かったのなら、俺は北へ行く、そして彼の記録を抜いてやる』。

行き先はシアトルに決めました。片道直線ルートでも800マイルあります。訓練しているセスナではもちろんワンレグで到着することは出来ませんので、何度か着陸して給油をしなければなりません。

ルートはサンノゼ・リード・ヒル・ビュー空港離陸 →オレゴン州ユージーン空港→モーゼスレイク空港→シアトル空港とプランしました。総飛行時間は9.7時間 実に一日で10時間近く飛ぶことになりますが、後には引けません。

つづく

計器飛行ロング・クロスカントリー2
[amazonjs asin=”B003WKB810″ locale=”JP” title=”Bose 航空用ヘッドセット AVIATION A-20-GAプラグ(Bluetooth付き) 並行輸入品”]

3 responses on “計器飛行ロング・クロスカントリー

  1. 下田 隆史 より:

    面白い話ですね。
    こんなんドンドン載せてください。

    • Hidehiko Sato より:

      下田様、コメント有り難うございます。頑張って早く第二話を載せますね。お待ち下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です