隣の席のお姉様 - 航空用品専門店 FLYING GIFT SHOP航空用品専門店 FLYING GIFT SHOP

隣の席のお姉様

今回のブログは アメリカでの第一声  の続きです。

 ウェスタン・エアラインズのチェックイン・カウンター で場所を聞き いざユナイテッド・エアラインズへ。

しかし これが実に遠かった。

 生活必需品と教科書等の本が一杯詰まった異常に重いフルサイズのボストンバッグをゴロゴロと引きずりながら、ユナイテッド・エアラインズのサインを探し々し、1キロくらい歩いた。(と思う。)

(前回にも書いたけど、ロサンゼルス空港内には無料の巡回バスがクルクルと走り回っていて トランジットの時にはこのバスでエアライン間を移動する でもそのときの僕はそんなこと、な~んにも知らなかった汗

ようやくユナイテッドを見つけて、チェックインの為にラインに並ぶ。

そして自分の番になりカウンターのお姉様にチケットとパスポートを渡すと、

『このチケットは、ウェスタン航空のチケットですよ。』と優しく微笑みながらチケットをお返し下さった。

『えっ?!』

『だって、ここにユナイテッド・エアラインズって書いてあるよ。』

『いえいえ、このチケットはユナイテッド・エアラインズで購入されたウェスタン・エアラインズのチケットです。』

『が~ん』

ウェスタン・エアラインズって あ~た、さっき『アメリカはどこ?』って聞いて 大恥かいたところじゃん!

と、また大恥をかきにさっき来た長い道のりを これまた例の異常に重いボストンバッグを引きずりながら、ロサンゼルスの乾いた空気の中をとぼとぼと引き返した。

ギロチンの斬首台へ向かう罪人の気持ちはたぶん、こんなんだったろうなと考えながら。

その時の心境を今思い返してもゾッとする。(僕の人生、ゾッとすることが多すぎる…)

で、僕の処刑所のウェスタン・エアラインズへ到着。

が、しかし、あの高笑いお姉様達の姿は見えず代わりに品の良い銀髪のおばさまがいた。

ホッと胸をなで下ろし すんなりとチェックインしてゲートへ向かった。

 その後、僕を乗せたボーイング-737はサンフランシスコへ向けて時間通りに動き出した。

タクシング中、フライト・アテンダントの機内アナウンスとシートベルトの締め方、酸素マスクの付け方、万一の場合の救命胴衣の着用の仕方のデモンストレーションが始まった。

彼女のアナウンスはとっても早口で何をいっているのか、さっぱりわかりません

 ベルトのバックルをカチッと締めて…と言っているであろう辺りで バックルを『バコー』、『バコー』と発音していたのを思い出す。

 そうこうしているうちに機は滑走路脇へ….(とはいってもゲートから滑走路まで20分くらいガタゴトとタクシング。さすがロサンゼルス空港はでかいのだ!)

スッチー(死語?)が

『ただ今より離陸します。』

とかなんとか言ったんだと思う、そしたら隣に座っていた黒人のお姉様がこちらを向いて

『What did she say?(なんて言ったの?)』

と必死の形相。カゼ

あの~ あんな早口でまくし立てられたら、わかりません。
それよりも何よりも、
私は日本人でアメリカに来るのもアメリカの国内線で飛ぶのも初めてなので分かりません。僕は今、今夜寝るところへたどり着くために必死なのと緊張感で泣きたいのはこっちなんです。

と言いたかったが英作文が出来なかったので

『She said “Let’s go!”(レッツ・ゴー!)』

と言っておいた。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です